協会について

ご挨拶

近年、急速なグローバル化とさまざまな環境変化により、子供たちを取り巻く環境もあらゆる面で多様化が進んでいます。いつでも世界中の誰とでもネット環境を通じて交流できるようになった時代、多くの可能性と選択肢、そして新しい職業や生き方も確立されてきました。

その一方で、令和2年7月に内閣府より発表された「子供・若者の意識に関する調査(令和元年度)」によると、「将来への希望」において、約4割の子供が「ない」と答えています。日本は平和で豊かな国でありながら、何故将来への希望が持てないのでしょう?

私は、10年以上の海外事業経験から、日本の子供と海外の子供を取り巻く環境の違いについて比較し、熟考を重ねました。一人の親としても、子供に夢や希望を持ってほしいという願いがあります。また、子供の可能性を伸ばすためにできることはなにかを知りたいという想いがあります。ビジネス経験と親としての想い、この二つから1つの結論を導き出しました。

それは、「子供たちが日本のみならず世界を舞台に活躍できるフィールドを提供したい」ということ。

「夢や希望を持つこと」はひとりひとりに与えられた権利です。そして親は子供の将来の選択肢を広げ、チャンスを与えることができます。
特に中学生くらいまでは親の理解と支援が子供にとって必要不可欠なサポートです。子供自身がなにかに関心を持ち、とにかくやってみること。
それにより視野が広がり人間形成にも役立ちます。その視野を日本国内だけでなく、もっと世界に目を向け、異文化の考え方も吸収しながら、より多くの選択肢から自分に合った将来像を見つけてほしい。そのような想いから、令和2年10月2日に一般社団法人日本キッズ協会を設立致しました。

当協会は、次世代を担う子供達が、多くの可能性と選択肢の中から将来の夢や希望を抱き、世界に羽ばたくチャンスを掴み取るための支援活動をして参ります。

一般社団法人日本キッズ協会
代表理事 田中英一

協会概要

法人名
一般社団法人日本キッズ協会
Japan Kids Association
代表者
田中英一
住所
〒251-0041
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-39 オザワビル5階
TEL
設立
令和2年10月2日
事業内容
キッズモデル国際ブランド⾐装連携プログラム
オーダーメイド絵本
マトリックスネットマーケティング(セルフブランディング&販売マーケティング)
役員
会長(代表理事) 田中 英一(日本アニメ・ゲーム協会LLP 代表理事)
副会長      後藤 紘子
(株式会社ワィズ 代表取締役)
専務理事     田中 莉斯
(株式会社ウッズ・コーポレーション 代表取締役)
顧問         後藤 芳彰
顧問         榑林 寛暁

【海外名誉顧問】 YU LILI(俞麗麗)

 ・SHC INTERNATIONAL CO. LIMITED CEO
 ・成都市刻夢文化藝術有限公司 CEO
 ・IACDA國際藝能發展協會 名誉会長
 ・UNCMC中國少兒模特高級導師
 ・香港兒童時裝週 組委会会長

アクセス

〒251-0041
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-39 オザワビル5階
TEL:0466-47-8458